生産の計画イメージ
生産計画の内容は、日常業務以前の段階の基本計画と、日常業務の運営を行う業務計画に分けられます。基本計画は、長期的な経営方針に基づいて生産部門の構造、活動方針を決定します。
これには新製品の開発計画、試作品の量産移行計画、モデルチェンジの計画、工場建設と職場編成の計画、資材の調達と外注利用計画、基準生産能力計画などがあります。
また、業務計画は、日常の販売計画に対応して品種、数量、納期を決定するもので、手順計画、工数計画、日程計画などが含まれます。


  1. 長期的な経営方針に基づいて生産部門の構造、活動方針を決定する。
  2. 製品の生産に係る技術、設備、生産形態、外注状況などの生産体制について検討する。
  3. 製品ごとに、生産数量・製品原価を検討する。
  4. 原価を削減する方法を検討することも大切です。
  5. 必要な人員及び機械を算定し、現有の能力と比較して妥当であるかどうか検討する。
  1. Next:7.設備導入計画
  2. 起業支援マニュアルトップに戻る

「起業支援マニュアル」の最新記事