起業の決意イメージ
昨今、学生起業家、地域起業家、シニアベンチャーなどの言葉が盛んに使われ、新しいタイプの起業家が出現していることがうかがわれるものの、依然として圧倒的多数の起業家はサラリーマンからの転進というケースが大多数です。
ただ単に時間の自由がきくから、自分の思うようなことができるからといった安易な考えで起業を決意するのは危険です。
サラリーマンが起業する場合、その会社にいる間に、意識して起業を疑似体験し、綿密な事業計画を策定して独立したいものです。
起業は自己の人生への挑戦であり、成長市場や事業への挑戦でもあります。
起業にあたっては周到な事前準備と確固たる決意が必要です。

第1章 起業の決意

  1. 経営者に必要な力
  2. 自己の能力
  3. 資産状況表
  1. 起業支援マニュアルトップに戻る

「起業支援マニュアル」の最新記事