起業にあたっての心構えから事業計画の作成、手続きや税制面など、起業に役立つ情報をお知らせします。

  • 平成長久館『特別塾』・成長起業家養成講座(TIB第31回月例会)の開催について

    12月02日

    成功経営者による成功確率の高いアイデア創出から事業成長までのノウハウを習得することができる成長起業家養成講座を開催します。

  • 3.消費税

    09月03日

    届出

    消費税

    開業

    消費税の基本的なしくみ 当課税期間から遡って2年前の事業年度【基準期間といいます】の課税売上高が1,000万円を超えた場合に、当課税期間の(課税売上高−課税仕入高)×消費税率及び地方消費税率の消費税を納めなければなりませ(...続きを読む)

  • 2.税の知識

    09月03日

    申告

    納付

    事業をスタートし ビジネスを始めると、税務当局に申告、納付する義務が発生します。サラリーマンであれば給与からの源泉税の納付や年末調整など税関系はすべて会社が処理してくれるわけですが、自分自身が事業主(経営者)となると、従(...続きを読む)

  • 1.各種許認可

    09月03日

    届出

    登録

    許認可

    以下のような事業を行おうとする場合は、手続きが必要です。 詳細は各項目を参照して下さい。 (クリックすると別ページに移動します。) 理容・美容業 クリーニング業 公衆浴場 旅館業 食品関係の営業 医療機器の販売・賃貸 毒(...続きを読む)

  • 第5章 許認可及び税制

    09月03日

    申請

    行政機関

    許認可

    業種によっては保健所、警察署等の関係行政機関への届出が必要となりますから、申請に必要な資格・許認可・認可が取得できるかどうかを事前に調べておく必要があります。 許認可の取得にあたってかなりの時間を要するものもありますので(...続きを読む)

  • 1.設立手続きの流れ

    09月03日

    手続き

    設立

    先に事業形態の検討の項で個人事業と法人企業について記述しましたが、 法人の設立を行なう場合には、会社設立の登記を行なわなければなりません。 ここでは株式会社に設立手続きの流れを記載しておきます。 設立手続きの流れ Nex(...続きを読む)

  • 2.諸官庁への届出

    09月03日

    官庁

    届出

    必要書類

    登録の完了をもって会社の設立となりますが、その後ただちに税務署などへ提出すべき書類があります。 次に必要な書類を一覧表にまとめます。 詳細は所轄の機関にお問合せ下さい。 名 称 提出先 提出期限 添付資料 法人設立届出書(...続きを読む)

  • 第4章 法人設立手続き

    09月03日

    手続き

    法人設立

    先に業態の選定の項で個人起業と法人起業について記述しましたが、法人の設立を行う場合には、会社設立の登記を行わなければなりません。 法人に株式会社、LLC、合名会社、合資会社の4つの形態があることも前述いたしましたが、ここ(...続きを読む)

  • 10.財務

    09月03日

    財務

    貸借対照表

    資産

    財務を無視した事業計画は、倒産の要因ともなり得ます。貸借対照表、損益計算書を作成し、分析することは事業計画の策定だけでなく、開業した後の企業運営を行っていくためには必要不可欠のことであります。 日々の経営において最低限関(...続きを読む)

  • 9.起業後の運転資金、生活費

    09月03日

    資金調達

    起業

    運転資金

    事業の種類等によって異なりますが、起業後費用のうち、生活費、従業員の給料等定期的に発生する費用の6カ月分程度の資金は用意が必要です。 法人の場合は、生活費の代わりに自分の給与も含めて計算します。 以下、資金調達の種類を説(...続きを読む)

  • 8.人員計画,コスト, 人員, 労働者

    09月03日

    人員

    保険

    労働者

    必要人員の検討 必要人員の検討にあたっては、まず、どのような仕事があるか(職務分析)、どのような能力が必要か(職務評価)を検討します。そして、業務量、営業時間などを検討し、必要人員を割り出します。 また、小売店、飲食業、(...続きを読む)

  • 7.設備導入計画

    09月03日

    支援

    設備導入計画

    起業家

    事業を行っていく上で、大なり小なりの設備が必要となってきます。 企業の設備投資は、事業所等の土地建物、機械設備、車両、店舗什器、空調設備などその種類はさまざまです。一度投資をすると資金が固定し、回収まで多くの時間を要する(...続きを読む)

  • 6.生産の計画

    09月03日

    支援

    生産計画

    起業家

    生産計画の内容は、日常業務以前の段階の基本計画と、日常業務の運営を行う業務計画に分けられます。基本計画は、長期的な経営方針に基づいて生産部門の構造、活動方針を決定します。 これには新製品の開発計画、試作品の量産移行計画、(...続きを読む)

  • 5.仕入れ計画

    09月03日

    仕入

    販売

    仕入なくして販売は成り立ちません。 販売計画にあった商品仕入をするためには、仕入計画が必要です。そこで、仕入単価、仕入数量、仕入決済条件、仕入先を決定します。   自社の要望にあった商品を提供できる仕入先か検討する。 商(...続きを読む)

  • 4.市場調査

    09月03日

    マーケット

    リサーチ

    市場調査

    製造業・販売業・サービス業あらゆる事業を行うにしろ、消費者、ユーザーのニーズを的確に把握し、いかにマッチしたものを提供するかが、成功のカギとなります。その為にマーケットの声をリサーチする具体的方法について。 該当する事業(...続きを読む)

  • 3.販売の計画

    09月03日

    計画

    販売

    販売なくして経営無しといわれるように、いかに優れた商品・サービスでも、また、多く作れたとしても売れなければお金が回らず商品が在庫として残ってしまい事業として成立しません。 どのような市場をターゲットにし、どのような販売方(...続きを読む)

  • 2.資金繰り

    09月03日

    入金

    出金

    資金繰り

    資金繰りの基本的考え方は、「入金−出金=運転資金(手元資金)増」といった式で表されます。いざ開業してみると、売上は見込みより少なく、入金は遅れ、支払は見込みより多く、早く出金されるのが現実です。 「勘定合って銭足らず」と(...続きを読む)

  • 1.損益

    09月03日

    利益

    損益

    経費

    利益の計算方法は、大まかにいって、「売上−売上原価−販売費・管理費」といった式で表されます。 売上の目標があって、そこから売上原価と販売費・管理費を引けば、利益が出てきますが、逆に、目標とする利益がまずあって、そのために(...続きを読む)

  • 第3章 事業計画の策定

    09月03日

    事業計画

    策定

    第3章 事業計画の策定 損益 資金繰り 販売の計画 市場調査 仕入れ計画 生産の計画 設備導入計画 人員計画 起業後の運転資金、生活費 財務 起業支援マニュアルトップに戻る

  • 4.開業までのスケジュール

    09月03日

    スケジュール

    開業

    開業までに準備しなければならない事項と所要時間を書き出し、スケジュールを組みます。開業日を定めて、逆にスケジュールを決め、何をいつまでにしなければならないか期限を区切る方法も良いでしょう。   また、季節商品を扱う事業や(...続きを読む)

  • 3.営業場所の選定と情報収集

    09月03日

    営業場所

    情報収集

    自分がどういう事業で起業するか決まった時点で、次はその業界の情報や市場情報・地域情報などを収集し分析することが必要となります。 地域情報 市町村、県等の地方公共団体の利用 地方紙、タウン誌等の情報 インターネットを活用 (...続きを読む)

  • 2.事業形態の検討

    09月03日

    事業形態

    個人

    法人

    個人起業と法人起業 目的が明確になり、事業を選定し、商品・サービスを誰に提供するかを決定し、必要な資金と最低限スタートに必要な経営チームが確保できれば、いよいよヒト、モノ、カネを有機的に動かす組織づくりに入ります。この場(...続きを読む)

  • 1.事業内容と営業方針

    09月03日

    事業内容

    事業展開

    営業方針

    自らの経験・キャリア(資格)をいかした事業展開 自分の勤務経験からのスキル(熟練度や能力)や特殊技能をいかす起業の方法です。 例えばコンピューター関連会社で勤務した経験を持つ人が、独立して研究開発型のソフトウェア業を起こ(...続きを読む)

  • 第2章 事業内容の計画と準備

    09月03日

    事業内容

    準備

    計画

    起業にあたって重要なのが、事業を行うにあたって、何が一番の売りモノなのか、それをどのように売るのかといった営業方針を、コンセプトと具体的戦略の双方から定めて行くことが必要です。 行き当たりばったりで成功する経営はありえま(...続きを読む)

  • 3.資産状況把握表

    09月03日

    把握

    資産

    起業

    次のように自己の「資産」を把握しておくと便利です。 この表をもとにこれらの資産を最大限に活用して起業に臨みましょう。 預貯金額 必要資金の半分以上の預貯金はあるか。 株有価証券 所有株、有価証券は換金可能であるか。 時価(...続きを読む)

  • 2.自己の能力

    09月03日

    経営者

    能力

    年 齢 これから何年働けるのか(人生80年時代を見据えて) 健 康 ハードなビジネス活動に耐える自信があるか好きなこと 経営の危機を乗り越えるバネは「選定した事業」が好きであり、よ り高いものを求めてやまない向上心がある(...続きを読む)

  • 第1章 起業の決意

    09月03日

    経営者

    起業

    昨今、学生起業家、地域起業家、シニアベンチャーなどの言葉が盛んに使われ、新しいタイプの起業家が出現していることがうかがわれるものの、依然として圧倒的多数の起業家はサラリーマンからの転進というケースが大多数です。 ただ単に(...続きを読む)

  • 起業支援マニュアル

    09月03日

    マニュアル

    経営者

    起業支援

    第1章 起業の決意 第1章の概要・目次 経営者に必要な力 自己の能力 資産状況表 第2章 事業内容の計画と準備 第2章の概要・目次 事業内容と営業方針 事業形態の検討 営業場所の選定と情報収集 開業までのスケジュール 第(...続きを読む)