とくしまDX推進センターTOP ◀︎ よくある質問◀︎

DXは必要でしょうか?

////////////////////////////////////////

 

デジタル化の急速な進展に伴い、社会が大きく変化しようとしており、顧客ニーズの変化に対応するにはデジタルへの対応が急務となっています。

 

特に、新型コロナウイルスの感染拡大により、「新しい生活様式」への対応を迫られる中で、押印、対面等、これまで当然とされてきた企業文化や商習慣等から、テレワーク等をはじめとする事業環境変化に迅速に対応できた企業と、対応できなかった企業の差が拡大しているといわれています。コロナ禍に限らず、事業環境の変化は常に起こりうることであり、新しい環境にあわせて迅速に変革していかなければ生き残ることができない社会となっています。

 

また、経済産業省のDXレポートにおいて、複雑化・老朽化・ブラックボックス化した既存システムが残存した場合、2025年までに予想されるIT人材の引退やサポート終了等によるリスクの高まり等に伴う経済損失は、2025年以降、最大12兆円/年にのぼる可能性があるとされています。

 

これらのことから、ますます進展するデジタル社会で競争優位を確立するためには、DXを進めていくことが必要となっています。

 

////////////////////////////////////////

 

お問い合わせ先
〒770-0865 徳島市南末広町5番8-8号 徳島経済産業会館2階
公益財団法人とくしま産業振興機構 成長戦略推進部 産学連携・技術支援担当
電 話:088-654-0102 E-mail:tokushima-dx@our-think.or.jp